若返りを願う女性に必須の栄養素が葉酸です。葉酸サプリ 効果を見ると葉酸は妊娠・妊活中の女性以外でも全ての女性に必要な栄養素だと分かります。参考にどうぞ。

若返りホルモンの正体

若返りホルモンとは人体の成長を握っており、二十歳くらいでピークを迎えてからは年齢とともに減っていくと言われています。しかし、この若返りホルモンは生活習慣によって分泌を促すことも可能なのです。

 

ではどのように生活に気をつければこの若返りホルモンを増やすことができるのでしょうか。

 

まず、規則正しい睡眠は基本中の基本と言えるでしょう。昔から早寝早起きは良いと言われていますが、ホルモン分泌にも良い影響があるのです。熟睡している時に分泌されるため寝具や寝室の環境にこだわってみるなど眠りの質をよくするように工夫してみましょう。

 

次に食事の摂り方もまた効果があるとされています。特に空腹時に分泌されると言われており、意識的にこの時間を作るようにすると良いでしょう。空腹は辛いものという印象を多くの方は持っているでしょう。

 

しかし、空腹を感じている時にこそ体の中では良い変化が起きていると考えることで感じ方も変わってくるのではないでしょうか。

 

生活習慣を見直してみると改善すべきポイントが見つかることはあるでしょう。不規則な生活をしていたり、いつまでもだらだらと食べてしまったりしている方はこれを機に改めてみてはいかがでしょうか。

若返りたいならこれを食べよう!

若返りたいなら、表面のケアだけではなく食べ物による内側からのケアも大切です。若返りのためには、老化の原因となる活性酸素を体内から取り除くことが必要です。

 

活性酸素を取り除く作用を抗酸化作用といいますが、この作用を持つ食べ物を摂ることが若返りに繋がります。

 

抗酸化作用はカロテノイドやポリフェノール、抗酸化ビタミンの含まれる食品によってもたらされます。
まず、カロテノイドは細かくはβカロチン、リコピンなどの種類がありますが、これらを含むのは人参、かぼちゃ、ほうれん草、トマト、柿などです。とうがらしに含まれるカプサイシンも、カロテノイドの一種です。

 

次に、ポリフェノールはカテキンやイソフラボンなどの種類があり、緑茶、レンコン、大豆、納豆などにそれぞれ含まれます。また、チョコレートにはカカオマスポリフェノールが含まれています。しょうがの成分であるショウガオールも、ポリフェノールの一種です。

 

抗酸化ビタミンは、ビタミンA、C、Eを指しますが、これらはレバー、うなぎ、赤ピーマン、レモン、鮭、ナッツなどにそれぞれ含まれます。
こうして挙げると、若返り効果のある食べ物にはたくさんの種類があることがわかります。うまく組み合わせて、日々の食事に取り入れていきましょう。

綺麗な人はやっている!若返り美容法

年をとると、若いときのような肌を維持するのは難しくなります。
肌の水分が失われて乾燥しやすくなることで、肌トラブルが発生してしまうからです。

 

このような肌を予防するには、若返りを目的としたスキンケアを考える必要があります。
ただ毎日洗顔して化粧水をつけるの繰り返しだけでなく、ちょっとしたひと手間で、若返りをサポートしていくのです。

 

まずその美容法で大切なのは、その日のメイク汚れや皮脂汚れをきちんと落とすことです。
毛穴の汚れがたまったままだと、毛穴の黒ずみが目立つことになってしまうからです。

 

そのため、蒸しタオルを使った美容法を実践していきます。
固くなっていた角質が柔らかくなり、毛穴が開くことで、奥に詰まっている汚れまで取りやすくなります。

 

この蒸しタオルは、タオルを濡らして軽く絞ってからレンジで温めるだけですから、それほどの手間はかかりません。
そして顔を温めたあとに洗顔を行い、水分を拭き取ったあとは、すぐに化粧水などを使用するようにします。

 

このとき洗顔後に肌が乾かないよう時間を空けないことと、ケアの最後には乾燥から肌を守るため乳液などでふたをすることは、できるだけ守りたいポイントです。
顔の血行が促進され、血色のいい元気な顔になれるこの方法は、お金をかけずに行える簡単な若返り法だとも言えます。